フィールドワーカーたちの空はどこにいてもつながっている

国際地域保健学教室へようこそ

国際保健への関心の高まりの中で
私たちの行う研究、教育、実践活動の
利益を得ているのは誰なのでしょうか?
本教室は常にこの問いかけを繰り返し
反省し、とるべきアクションを追及しています。

新着情報

ポジデビ持続可能社会ファンドのウェブサイトを開設しました。

 ポジティブ・デビエンス(略称ポジデビ)は、ないないづくしの中でも前向き(ポジティブ)でいられるためのちょっと変わった(デビエントな)行動のことです。国際医療協力や国際開発の分野で、先進的かつ持続可能な問題解決の糸口として、これまで注目されてきました。
 ポジデビ手法は資源が限られた状況にあっても、持続可能な社会を創り上げるための切り札です。
 1991年にベトナムの栄養対策で成功したポジデビはその後世界55か国に広がっています。適用分野は栄養・健康・教育・人道支援・企業改革など多彩です。持続可能な社会を創りあげるための切り札として、さらなる成長を遂げる時がきています。成果測定手法、成果発信手法に関する研究推進のため活動を進めていきます。

http://www.pd2s.m.u-tokyo.ac.jp/

神馬征峰教授は、台湾の台北で開催された台湾グローバル・ヘルス・フォーラムにおいて講演を行いました。

続きを読む

博士課程学生のMariam Namasabaさんが、International Conference on Disability Studies 2019においてベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

続きを読む

神馬征峰教授はネパールのカトマンズで開催された第1回日本ネパール医学会議で特別講演を行いました。

続きを読む

世界医師会と日本医師会が共催した「Health Professional Meeting (H20) 2019」において、神馬征峰教授は「健康の安全保障とUHC」セッションの座長を務めました。

続きを読む

ポジデビ・アプローチ共同研究会2019を開催しました。

続きを読む

神馬征峰教授が第30回日本医学会総会2019中部にてセッション「患者受け入れと医療者派遣のメリットとデメリット」の座長を務めました。

続きを読む

ネパール公衆衛生感染症研究センターのAnand Joshi所長の特別講義を開催しました。

続きを読む

4月から修士課程1年に8名、博士課程1年に6名が入学しました。

続きを読む

本年4月より博士課程学生となるMohammed BA Sarhanさんが、第10回Lancet Palestinian Health Alliance (LPHA) 年次学会において、ベストポスター賞を受賞しました。

続きを読む

ソウル国立大学医学部と研究交流会を開催しました。

続きを読む

神馬征峰教授が日本国際保健医療学会の理事長に選出されました。

続きを読む

新しい論文が出版されました。

[Correspondence]Developing country: an outdated term in The Lancet.

Jimba M, Fujimura MS, Ong KIC.
Lancet. 2019 Sep 14;394(10202):918.

Effect of continuum-of-care intervention package on improving contacts and quality of maternal and newborn healthcare in Ghana: a cluster randomised controlled trial.

Okawa S, Gyapong M, Leslie H, Shibanuma A, Kikuchi K, Yeji F, Tawiah C, Addei S, Nanishi K, Oduro AR, Owusu-Agyei S, Ansah E, Asare GQ, Yasuoka J, Hodgson A, Jimba M; Ghana EMBRACE Implementation Research Project Team.
BMJ Open. 2019 Sep 11;9(9):e025347.

Implementation of national policies for a total asbestos ban: a global comparison.

Lin RT, Chien LC, Jimba M, Furuya S, Takahashi K.
Lancet Planet Health. 2019 Aug;3(8):e341-e348.

The Influence of Breastfeeding Peer Support on Breastfeeding Satisfaction Among Japanese Mothers: A Randomized Controlled Trial.

Hongo H, Green J, Shibanuma A, Nanishi K, Jimba M.
J Hum Lact. 2019 Aug 22:890334419869601.

Assessing knowledge and behavioural changes on maternal and newborn health among mothers following post-earthquake health promotion in Nepal.

Dhital R, Silwal RC, Simkhada P, Teijlingen EV, Jimba M.
PLoS One. 2019 Jul 25;14(7):e0220191.

Women's overall satisfaction with health facility delivery services in Ghana: a mixed-methods study.

Adjei KK, Kikuchi K, Owusu-Agyei S, Enuameh Y, Shibanuma A, Ansah EK, Yasuoka J, Poku-Asante K, Okawa S, Gyapong M, Tawiah C, Oduro AR, Sakeah E, Sarpong D, Nanishi K, Asare GQ, Hodgson A, Jimba M; Ghana EMBRACE Implementation Research Project Team.
Trop Med Health. 2019 Jul 5;47:41.

Concurrent decreases in the prevalence of wheezing and Ascaris infection among 5-year-old children in rural Bangladesh and their regulatory T cell immunity after the implementation of a national deworming program.

Takeuchi H, Khan MA, Ahmad SM, Hasan SMT, Alam MJ, Takanashi S, Hore SK, Yeasmin S, Jimba M, Iwata T.
Immun Inflamm Dis. 2019 Sep;7(3):160-169.

[Correspondence] How can we avoid making universal health coverage a white elephant?

Jimba M, Fujimura MS, Ong KIC.
Lancet. 2019 Jun 15;393(10189):2394.

School health and nutrition program implementation, impact, and challenges in schools of Nepal: stakeholders' perceptions.

Shrestha RM, Ghimire M, Shakya P, Ayer R, Dhital R, Jimba M.
Trop Med Health. 2019 May 14;47:32.

Consistent condom use among highly effective contraceptive users in an HIV-endemic area in rural Kenya.

Kosugi H, Shibanuma A, Kiriya J, Wafula SW, Jimba M.
PLoS One. 2019 May 6;14(5):e0216208.

Quality gap in maternal and newborn healthcare: a cross-sectional study in Myanmar.

Okawa S, Win HH, Leslie HH, Nanishi K, Shibanuma A, Aye PP, Jimba M.
BMJ Glob Health. 2019 Mar 19;4(2):e001078.
続きを読む

メッセージ

As students of global health, we aim to alleviate suffering in the world, to advocate for the weak and the vulnerable, to preserve and elevate life. And yet I find that my vegan lifestyle is met often with some measure of skepticism. Read more

教室案内

国際地域保健学教室は大井玄教授(1993年4月-1996年3月)、ソムアッツ・ウオンコムトオン教授(1996年6月-1999年3月)、若井晋教授(1999年8月-2006年3月)、神馬征峰教授(2006年6月-現在)によって運営されてきている。 続きを読む