フィールドワーカーたちの空はどこにいてもつながっている

国際地域保健学教室へようこそ

国際保健への関心の高まりの中で
私たちの行う研究、教育、実践活動の
利益を得ているのは誰なのでしょうか?
本教室は常にこの問いかけを繰り返し
反省し、とるべきアクションを追及しています。

新着情報

修士課程学生6名、博士課程学生1名、研究生1名が新たに教室に加わりました。

続きを読む

新潟県柏崎市で「共に育ち合い(愛)サロン むげん」を運営している増田昌子さんによる市民公開講演「福島原発事故6年 一人の語り部として」を実施しました。

続きを読む

サンディエゴ州立大学の教職員45名が当教室を訪問しました。

続きを読む

月刊誌「公衆衛生」(医学書院)2016年11月号から、連載「ポジデビを探せ!」が始まりました。神馬征峰教授と柴沼晃助教が編集に参加しています。連載第1回は神馬教授による「ポジデビ・アプローチとは何か?」です。

続きを読む

神馬征峰教授が環太平洋大学連合(APRU)グローバルヘルス・プログラムのワークショップにアドバイザリーグループメンバーの一員として参加しました。

続きを読む

神馬征峰教授が帝京大学で開催された第48回アジア太平洋公衆衛生大学院連合年次大会に次期会長として出席し、全体会議で講演しました。

続きを読む

新しい論文が出版されました。

Development of the revised Japanese Maternal Breastfeeding Evaluation Scale, short version.

Hongo H, Green J, Nanishi K, Jimba M.
Asia Pac J Clin Nutr. 2017 May;26(3):392-395.

Improving feeding and growth of HIV-positive children through nutrition training of frontline health workers in Tanga, Tanzania.

Sunguya BF, Mlunde LB, Urassa DP, Poudel KC, Ubuguyu OS, Mkopi NP, Leyna GH, Kessy AT, Nanishi K, Shibanuma A, Yasuoka J, Jimba M.
BMC Pediatr. 2017 Apr 4;17(1):94.

ケース5:熱帯病対策 貧困の中の未解決問題に挑む (連載「ポジデビを探せ!」7)

荒木瞳. 公衆衛生. 81(5):443-449.

ポジデビ・アプローチ—これまでの経緯,日本での実践,そして今後の展望 (連載「ポジデビを探せ!」6)

モニク・スターニン. (柴沼晃:訳)公衆衛生. 81(4):350-354.

The gender gap in relation to happiness and preferences in married couples after childbirth: evidence from a field experiment in rural Ghana.

Kamiya Y, Akpalu B, Mahama E, Ayipah EK, Owusu-Agyei S, Hodgson A, Shibanuma A, Kikuchi K, Jimba M; Ghana EMBRACE Implementation Research Project Team.
J Health Popul Nutr. 2017 Mar 15;36(1):8.

An investigation of stigmatizing attitudes towards people living with HIV/AIDS by doctors and nurses in Vientiane, Lao PDR.

Vorasane S, Jimba M, Kikuchi K, Yasuoka J, Nanishi K, Durham J, Sychareun V.
BMC Health Serv Res. 2017 Feb 10;17(1):125.

健康教育(特集 板書例でよく分かる!「現代的課題」に立ち向かう授業)

神馬征峰
道徳教育. 2017 Feb;57(2)10.

Towards eliminating malaria in high endemic countries: the roles of community health workers and related cadres and their challenges in integrated community case management for malaria: a systematic review.

Sunguya BF, Mlunde LB, Ayer R, Jimba M.
Malar J. 2017 Jan 3;16(1):10.

Impact of the Japanese 5S management method on patients' and caretakers' satisfaction: a quasi-experimental study in Senegal.

Kanamori S, Castro MC, Sow S, Matsuno R, Cissokho A, Jimba M.
Glob Health Action. 2016 Nov 28;9:32852.

A School Health Project Can Uplift the Health Status of School Children in Nepal.

Shrestha RM, Miyaguchi M, Shibanuma A, Khanal A, Yasuoka J, Jimba M.
PLoS One. 2016 Nov 3;11(11):e0166001.

Effectiveness of Continuum of Care-Linking Pre-Pregnancy Care and Pregnancy Care to Improve Neonatal and Perinatal Mortality: A Systematic Review and Meta-Analysis.

Kikuchi K, Okawa S, Zamawe CO, Shibanuma A, Nanishi K, Iwamoto A, Saw YM, Jimba M.
PLoS One. 2016 Oct 27;11(10):e0164965.

The effectiveness of a nationwide universal coverage campaign of insecticide-treated bed nets on childhood malaria in Malawi.

Zamawe CO, Nakamura K, Shibanuma A, Jimba M.
Malar J. 2016 Oct 18;15(1):505.

ポジデビ・アプローチとは何か? (連載「ポジデビを探せ!」1)
(What is positive deviance?)

神馬征峰. 公衆衛生. 80(11):853-58.
続きを読む

メッセージ

As students of global health, we aim to alleviate suffering in the world, to advocate for the weak and the vulnerable, to preserve and elevate life. And yet I find that my vegan lifestyle is met often with some measure of skepticism. Read more

教室案内

国際地域保健学教室は大井玄教授(1993年4月-1996年3月)、ソムアッツ・ウオンコムトオン教授(1996年6月-1999年3月)、若井晋教授(1999年8月-2006年3月)、神馬征峰教授(2006年6月-現在)によって運営されてきている。 続きを読む