常勤教員

神馬征峰
教授


 国際保健にとって重要なのは、研究、政策、実践をいかにリンクさせるかである。研究のためだけの研究は今途上国で問題を抱えている多くの人にとって意味をなさない。紙っぺらだけの政策によって彼らが救われることもない。研究成果を実践すること、政策を実践することが不可欠である。その際、個人的な経験だけによる実践の繰り返しは、大きな成果を生むだすことはない。研究、政策、実践間の相互のフィードバックによって理想的な国際保健活動が可能になってくる。

柴沼晃
助教


人々が保健サービスを利用し、良い健康習慣を実践する背景にはどのような要因があるだろうか。また、そのような行動をしない場合、どのような要因が考えられるだろうか。ミクロ経済学や行動経済学の知見と国際保健や地域保健の理論や実践を組み合わせて、人々の行動の背景にある要因を探るための研究を行っている。また、人々の行動を変えるための研修手法や政策についても発信したいと考えている。

桐谷純子
助教


 有用な研究結果が実生活に応用されるまでの時間を縮めるには、効率的な情報の拡散とその実行が鍵となる。この二つのステップのうち、第一のステップである情報の拡散に重きを置き、オンラインツール(主にオンラインビデオ)使用の可能性を探る研究を私は疫学的手法を用いて行ってきた。医療保健分野の情報をいかに速く広め、実行に移すことができるのか。ヘルスコミュニケーションというエリアに分類される。疫学とは無縁の分野のように聞こえるが、疫学とは「原因(exposure/cause)」と「結果(outcome/effect)」の関係性を明らかにすることが軸となった学問で、その手法は世の中のあらゆる問題解決に応用できる。今後は、第二のステップである実行も対象に含め行動変容に影響を与える要因を明らかにして研究結果の効率的な応用を実現することに貢献したい。また、これまでに培った疫学の知識と技術を活かし、国際保健分野のあらゆる課題に取り組んでいきたい。

オン ケン イン チェン
助教


 医療技術の進化にもかかわらず、人類はマラリアという病気との戦いにおいて未だに成功していない。生物医学的アプローチはマラリア対策に貢献してきたが、過去のマラリア対策の失敗は生物医学的アプローチだけでは十分ではないことを示している。私の研究は、マラリア対策の中で、蚊やマラリア原虫に比べてよく見過ごされる人間に関する要因に焦点を当てている。

秘書

木村淳子

中嶋純子

田中薫

非常勤講師

平山恵
明治学院大学国際学部

講義タイトル:Management of community-based health projects

狩野繁之
国立国際医療研究センター研究所

講義タイトル:Community-based malaria prevention and control

中西由起子
Asia Disability Institute

講義タイトル:Community-based disability program and development

溝上哲也
国立国際医療研究センター研究所

講義タイトル:Practical epidemiology in global health

北島勉
杏林大学 総合政策学部
講義タイトル:Health economics/micro-credit
沢田貴志
神奈川県勤労者医療生活協同組合 港町診療所
講義タイトル:HIV/AIDS and migration
松山章子
名古屋大学 大学院医学系研究科
講義タイトル:Medical anthropology
佐瀬恵理子
県立長崎シーボルト大学 日本グローバルヘルス研究所
日本医師会総合政策研究機構
講義タイトル:Health and human rights
佐崎淳子
国際連合食糧農業機関
講義タイトル:Gender and health
ユ・スンヒョン
ソウル国立大学公衆衛生大学院
講義タイトル:Health and Social Behavior
高橋競
東京大学高齢社会総合研究機構
講義タイトル:Aged population
藤屋リカ
慶應義塾大学看護医療学部
講義タイトル:Refugees
ソウ・ユモン
名古屋大学大学院医学系研究科
講義タイトル:Substance users



ページトップへ

客員研究員

藤田雅美  
金田英子  
大川純代  
金森将吾  
崎坂香屋子  
山浦祥恵
佐瀬恵理子  
Rachana Shrestha
三浦昌子  
Laura Wen-Shuan Shio
竹内治子
戸田あゆみ
Saw Thu Nandar

Prakash Shakya
高木史江
野本まりの
Ram Silwal
清水真由美
小正裕佳子  
北村尭子
三上ゆう子
阿部桃子
平山恵
竹下加奈子
窪田祥吾
Thoeun Sophea

佐久間さき
西川まり子  
國枝美佳
陸名真弓
Negi Bharat
阿川牧
本郷寛子
Gautam Dipendra
Pramita Shrestha
長田明紀奈
Rolina Dhital
宮口萌
Bharat Raj

ページトップへ

訪問学生

修士課程学生

Bachelin Max Etienne
Madhu Kharel
Ulambayar Shinejil
Krishna Prasad Sapoka
Kaiwei Yan
冨田 優理
相原 圭子
時田 裕子
水上 文 
手島 祐子
Russell Miller

Lynn Thet Su Mon
Nirajan Khadka

Mariam Namasaba
Neo Kazembe
Afina fauziyyah
池田 すばる
Divya Bhandari

Karuna Phoonwittaya
坂本 理沙

ページトップへ

博士課程学生

小杉 穂高
三道 ひかり
藤村 真耶
Lisa Hartwig
Richa Shah
虎頭 恭子

Rakesh Ayer
荒木 瞳
Drauna Adi Miriama Naioba
Rogie Royce Carandang
関根 一貴
Moe Moe Thandar
古林 安希子

ページトップへ

研究生

Julian Natukunda
Mohammed Ba. Sarhan

Zin Wai Htay
Ith Sophearen